お腹のかゆみは妊娠線が現れてるサイン|保湿クリームでケアしよう

肌トラブルが気になるのは

美容クリーム

早めのケアが鍵となります

妊娠した女性にとって、気になるのが妊娠線のトラブルです。お腹の中で小さな命を育てている、特別な時期。自分の身なりはつい後回しにしてしまう気持ちもわかりますが、後で後悔しないためには、事前のケアをしっかりとしておくのがオススメです。では妊娠線は、いったい妊娠期のいつごろからでき始めるものなのでしょうか。妊娠線は、お腹のふくらみで皮膚の奥の組織が引っ張られることが原因で引き起こされます。引っ張られる力に耐えきれなくなった組織が、断裂してしまうのです。お腹が大きくなる妊娠後期に起きることが多いトラブルですが、実はお腹のふくらみが気になり始める中期ごろから起きる可能性があります。妊娠によって体重が急激に増加すると、トラブルが起きる時期も早くなってしまいます。こうした状況を踏まえると、専用のクリームによるケアはできるだけ早い段階から行っておくのがオススメです。妊娠初期がベストですが、体調によっては「クリームを塗る余裕がない」ということもあるでしょう。体調が落ち着き、妊娠期を楽しめるようになった段階で、自分に合うクリーム選びを開始してみてください。実際に皮膚のケアをしながら、妊娠後期に向けて「自分の肌に本当に合うクリーム」を探していくことで、後悔しないケアが実践できます。妊娠線は、きちんとケアしていれば予防できるトラブルです。「一人目は大丈夫だったから」と油断している経産婦の方も、ぜひケアを頑張ってみてください。