お腹のかゆみは妊娠線が現れてるサイン|保湿クリームでケアしよう

できやすい人の条件

妊婦

妊娠線は、妊娠すると必ずできると考えている人が圧倒的に多いと思われますが、実際にはできやすい人とできにくい人とに分かれます。もともとの体質が影響するのかという疑問が湧いてきますが、体質よりは妊娠してからの行動によって差ができると言った方が当たっています。そのため、どのような行動が妊娠線を作りやすいのかを知っておくと、早めからのクリームによる対策も合わせることで妊娠線を予防することができます。妊娠初期はつわりがひどく、あまり食欲がなかったという人も、安定期に入る6か月頃になると急に食欲がわいてきて、旺盛に食べるようになることがあります。甘い物やスナック菓子が好きになり、毎日食べずにいられないという妊婦さんや、以前はそれほどでもなかったのに特定の食べ物がやたらと好きになり、そればかり食べ続ける人もいます。そうなると、妊娠してお腹が大きくなっている上に、今度は肥満によってさらに体が大きくなり、皮膚が引っ張られていきます。皮膚表面は引っ張ると伸びますのでどんどんお腹が大きくなっていきますが、皮膚の下にある皮下組織は引っ張る強さに強くないため、限界が来ると亀裂を生じます。これが、妊娠線ですので、とにかく食べ過ぎには注意が必要です。また、安定期に入ると適度な運動をすることが望ましいのですが、運動不足になると筋肉が衰え、太ももなどに妊娠線ができやすくなります。そのほか、体全体に言えるのは、クリームなどでの対策をせずにいると肌が乾燥することによって、柔らかさと弾力がなくなり、妊娠線ができてしまう人です。乾燥肌に悩まされる人はとても多いので、乾燥肌によって妊娠線を作らないためには、早くからクリームで保湿をすることが重要です。このクリームは、たっぷり使い、毎日行うことが不可欠です。