お腹のかゆみは妊娠線が現れてるサイン|保湿クリームでケアしよう

初期のうちからケアを

女の人

皮膚を柔らかくしましょう

妊娠して徐々にお腹が大きくなるにつれ気になってくるのが「妊娠線」ではないでしょうか。一度できてしまった妊娠線は、自然に消えることはありませんので、気になる人はしっかり予防ケアをしておくことが大切です。妊娠線の予防ケアとして一番ベーシックなのは、やっぱりクリームを使った毎日のケアでしょう。妊娠線は、乾燥などの原因により肌の伸びが良くないことからできてしまいます。急激に大きくなるお腹に皮膚の伸びが付いていけずに、皮膚内部で亀裂が起き、それが妊娠線という形で目に見えるようになります。妊娠初期のうちから、クリームを塗りうるおいを与え、お腹周りの皮膚を柔らかくしておくことで妊娠線の予防につながります。もちろん、太ももやお尻、胸など、お腹の他にも妊娠線ができる可能性はありますので、理想は体全体にクリームを塗るとよいでしょう。優しくマッサージしながらクリームを塗ることで、血行やリンパの流れも良くなります。お腹周りのマッサージをする時は、子宮や、その中の赤ちゃんに刺激を与えないないように優しく塗りましょう。クリームには色々な種類のものがありますが、かためのクリームよりは柔らかめのテクスチャーの方が体に広げやすいのでオススメです。また、アロマ効果のあるものなど、毎日続けたくなるようなお気に入りのクリームを見つけるのもケアを続ける上ではオススメです。このように、気になる妊娠線はできてしまう前の予防が肝心ですよ。